SABU

SABU

a boutique/Nakagyou-ku Kyoto Pref./2005/photo_K.Sugino

デザイナーの店とアトリエのためのリフォーム計画。既存オフィスビルの2階床を一部撤去し、1、2階をぶち抜く真鍮の門型フレームを挿入して、ブティックとしての新生を印象づけている。既存外壁のインド砂岩部分は、その質感は残しながら黒く塗装して、真鍮とアルミニウムという2つの金属との色彩的調和をはかった。移植されたモッコウバラは以前のSABUの前庭でオーナーが大事に育ててきたもので、将来はアルミパネルの表面を覆っていくことを期待して、ステンレスのワイヤーを設けている。室内に入ると、真鍮の門型フレームを背景に、落ち着いた色調の木の床と漆喰の壁が迎え、そこにちりばめられた応本哲司のアイアンワーク、臼杵春芳のウッドワークが、インテリアのイメージを格調高いものにしている。

所在地:京都市中京区

主要用途:店舗

敷地面積:52.28㎡

建築面積:41.6㎡

延床面積:171.24㎡

規模:地上4階建

主体構造:鉄筋コンクリート造

施工:サクジ工務店

  • Grey Facebook Icon

〒606-8102 京都府京都市左京区高野清水町71

Tel:075-712-8446

Copyright © 2019 Méga all rights reserved.